そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ

読書スケッチノート

17歳の女子高生。幼い頃に母親を亡くし、父親の単身赴任を機に、再婚した継母と日本に残ることを選んだ優子。

家族の形を変えながら、過ごしてきた優子には、3人の父親と2人の母親がいる。今は父親と二人暮らし。もちろん血は、繋がっていない。

とても複雑な家族関係で、さぞかし苦労もあったのだろうと思って読み始めるのだが、初っ端からその期待を大きく外してくる。そう、優子は全くもって、不幸ではないのだ。

とても優しい物語。2019年の本屋大賞です。

家族ってなんだろう。親って何だろう。子って何だろう。

家族の形に拘らなくても、別に全然いいんじゃんって思える、そんな小説です。

そして、バトンは渡された (文春文庫)
2021年10月、永野芽郁×田中圭×石原さとみ主演で映画化! 幼い頃に母親を亡くし、父̆...

コメント

タイトルとURLをコピーしました