仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

読書スケッチノート

行動経済学の本は何冊か読んでいますが、仕事をするだけではなく、日々の行動をデザインするために使える考え方で、一読の価値がある本です。

ナッジ。肘でつく、という意味ですが、ついついやってしまう、、という感情や行動は意図的に生み出せるものです。人を動かすだけではなく、自分自身を動かすためにも使えますよ!おすすめの1冊です。

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方
「ついしたくなる」にはシカケがある。 スタンフォード大学の講義でも用いられて...

コメント

タイトルとURLをコピーしました