流浪の月 凪良ゆう

読書スケッチノート

人の見方って、一つではないけれど、大衆の見方はやっぱり強いよね。

その世論に流されずに信じてくれた人が、世間的には「悪者」だったら、どうする?

とても考えさせられる小説。いや、すごい。

2020年本屋大賞。普段はBL小説を書いている人、というのを知って興味を持って読んだけど、とにかくすごく面白かった。心からおすすめする1冊です!

せっかくの善意を、わたしは捨てていく。

そんなものでは、わたしはかけらも救われない。

流浪の月
Amazonで凪良 ゆうの流浪の月。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました